▼ 2017年度 日本地球化学会第64回年会のご案内

年会ポスターをこちらからダウンロードできます。

▼ 研究発表

発表形式

口頭発表及びポスター発表は特別ならびに基盤セッションの中で行います。一人あたりの発表の最大数は,口頭発表1件,ポスター発表2件までとします。ただし,招待講演・基調講演は,この発表制限には含まれません。

参加予約申込

年会サイトから申し込んでください。6月13日(火)から8月21日(月)17時までに参加予約をされた場合、事前割引が適用されます。それ以降は、年会会場にて当日料金で参加登録を行ってください。

学生発表賞

きわめて優れた口頭・ポスター発表を行った日本地球化学会学生会員に授与します。表彰式は学会最終日のクロージングセレモニーの際に行います。学生発表賞を希望される学生会員は、講演申請時にエントリーしてください。学生発表賞を希望される方で、学会入会手続きがまだの方は、早めに入会手続き(書類提出+入金)を済ませてください。

▼ 併設展示会

会期中,関連機器メーカーその他による展示会を開催します。多数の方のご来場をお待ちしております。
これから募集ですので,詳細は併設展示およびセミナーのページでご案内します。

▼ 夜間小集会

9月13日(水)のセッション終了後に開催します。

▼ 総会

9月14日(木)午後,ディジタル多目的ホールにて開催します。

▼ 受賞講演会

9月14日(木)午後,ディジタル多目的ホールにて総会終了後に開催します。

▼ 懇親会

9月14日(木)受賞講演終了後,キャンパス内の大学食堂棟2階で開催いたします。
奮ってご参加お願い致します。

▼ 閉会式

9月15日(金)全てのセッション終了後、学生発表賞の表彰式等を行います。
是非,ご参集ください。

▼ 年会関連行事

第12回日本地球化学会ショートコース(主催:日本地球化学会)

日時: 9月12日(火)12時ころ受付開始予定~18時ころまで
場所: 日本地球化学会2017年年会会場(東京工業大学大岡山キャンパス西6号館W631室)

講師の先生方(敬称略)と講演タイトル
仙田 量子(九州大学)  「具体的なモノからみるマントル」
吉村 寿紘(JAMSTEC)  「海から見える地球表層の元素サイクル」
高野 淑識(JAMSTEC)  「渚のメタンにまつわるエトセトラ」
板井 啓明(国立水俣病総合研究センター)  「地球化学データの環境学的活用法について」
大上 雅史(東京工業大学) 「「研究費を獲得する」ということ~学振DC/PDを目指す若者へ」

参加登録が必要です。 7月初旬からホームページ上で参加申し込みの受け付けを開始します。
ショートコースHP:(http://www.geochem.jp/conf/2017/short.html)

2017年度日本地球化学会市民講演会

テーマ:宇宙・地球・生命 ― 地球化学が読み解く水の役割(仮題)*

日本地球化学会主催・東工大ELSI共催

開催日時:
年会開催翌日9月16日(土)午後
場所:
東工大大岡山キャンパスELSI-1 Hall
開催内容:
招待講演3つ+講演者によるパネルディスカッション**

講演者(敬称略)および講演タイトル(仮題)
薮田ひかる/広大 宇宙:太陽系天体の進化における水の役割
平林由希子/東大 環境:安定同位体システムから読み解く水循環および地球環境変動
古川善博/東北大 生命:地球初期生命の進化における水の役割

アウトリーチイベント

(ELSI広報と企画中)

タイトル:
惑星鮨
開催日時:
9月16日(土)午前
目的:
実際の体験に基づき,惑星の多様性(内部構造・表層環境)を学ぶ
内容:
惑星の多様性に関する講義を行ったあと,ELSI研究者を含む少人数のチームに分かれ,対象とする惑星を模した巻きずしを作成する。
夏季でもあり、実際にはグラデーションキャンドルやジェルキャンドルといった、顔料とロウを使うような”工作”(持ち帰っても使える)の方向で企画中です。