▼ 市民講演会

2017年度日本地球化学会市民講演会

ご案内をこちらからダウンロードできます。

テーマ:宇宙・地球・生命 ― 地球化学が読み解く水の役割(仮題)*

日本地球化学会主催・東工大ELSI共催

開催日時:年会開催翌日9月16日(土)午後
場所:東工大大岡山キャンパスELSI-1 Hall
開催内容:招待講演3つ+講演者によるパネルディスカッション**

講演者(敬称略)および講演タイトル(仮題)
薮田ひかる/広大 宇宙:太陽系天体の進化における水の役割
平林由希子/東大 環境:安定同位体システムから読み解く水循環および地球環境変動
古川善博/東北大 生命:地球初期生命の進化における水の役割

*「水」と「地球化学」をキーワードとして「宇宙・海洋・生命」に迫る,というコンセプトです。
** 講演会に合わせ,ELSIでもアウトリーチイベントを午前中に企画中です。

アウトリーチイベント(ELSI広報と企画中)

タイトル:惑星鮨
開催日時:9月16日(土)午前
目的:実際の体験に基づき,惑星の多様性(内部構造・表層環境)を学ぶ
内容:惑星の多様性に関する講義を行ったあと,ELSI研究者を含む少人数のチームに分かれ,対象とする惑星を模した巻きずしを作成する。夏季でもあり、実際にはグラデーションキャンドルやジェルキャンドル といった、顔料とロウを使うような”工作”(持ち帰っても使える)の方向で企画中です。

―講演要旨集―

講演者1:薮田ひかる(広島大学)
講演題目:多様な惑星たちを作った、太陽系の水
〈概要〉
約46億年前、まだ太陽系ができる前の宇宙は、ガスとちりだけの世界でした。そこから、大きさや物質の組み合わせの異なる、個性豊かな惑星たちは、どのようにしてできたのでしょうか。その1つの鍵を握るのは、太陽からの距離によって、水が氷として存在する領域と、水が蒸発して少なくなる領域を分ける、“スノーライン”と呼ばれる境界線だと言われています。実際に、地球や他の惑星を作る材料となった、スノーライン近くにいる小惑星、外側にいる彗星の中では、水(氷)、岩石、有機化合物が、それぞれ異なる化学反応を起こし、さまざまな物質が作られていたことが、最先端の地球外物質科学研究から明らかになってきました。私たちの遠いルーツを辿る宇宙の旅に、ご案内いたします。

講演者2:平林由希子(東京大学)
講演題目:気候変動に伴う水循環の変化~将来の水関連災害はどう変化する?~
〈概要〉
地球温暖化が進行すると、雨や雪の降り方が変わると言われています。アジアやアフリカなどの多くの地域において、地球温暖化による大雨や洪水の増加が心配されている一方で、地中海沿岸やアメリカの中西部など、温暖化による渇水の増加が心配されている地域もあります。氷河の融解による、海面上昇や乾燥地の水不足も危惧されています。最新の気候予測実験と人間の水の使い方の将来予測から明らかになってきた、水に関係する災害の将来展望について紹介します。

講演者3:古川善博(東北大学)
講演題目:地球生命は海で誕生したのか?
〈概要〉
多くの生命体の50%以上は水で構成されており、「生命は水なしには生きられない」ということは広く信じられています。このことと生命の起源が結びついて、地球最初の生命誕生までの過程が終始一貫して海の中で起こったという描像を描いている方々も多いでしょう。しかし、生命誕生までに起こり得る反応を追っていくと、実は広大な海が大きな障壁となっている過程があることがわかってきています。地球生命誕生のシナリオを解明するために地球化学分野で行われている、生命材料の形成に関する研究と、当時の地球の表層環境に関する研究を紹介します。