●日本地球化学会・講師派遣事業


 日本地球化学会では,未来の日本の科学を担う小中高校生に地球化学の視点から理科の面白さを伝えるために小中高校への講師派遣をサポートする事業を行っています。
 小中高校の先生方の講習会へも出張も可能ですので,ご相談ください。

☆ 講師派遣サポート事業主旨
 最先端の研究者が初等中等教育の場に出向いて,地球や惑星の謎を解く喜びや最先端の科学の現場を伝えることにより,地球化学の視点から理科の面白さを積極的にアピールするとともに,学会と教育現場の交流を促進することを目的とします。

☆ 事業概要(講師派遣へのステップ)
(1) 講師の情報を学会ホームページ上で公開します。
(2) 各学校の担当の先生は,講義(実験)内容と講師の勤務地・派遣可能地域を考慮の上,日本地球化学会・広報委員会へ派遣依頼をしてください。講義(実験)内容は,各講師の登録シートをダウンロードして確認してください。
(希望講師名と希望講義名に加えて,学校名,担当の先生のお名前,連絡先電話番号,電子メールアドレスをお知らせください。)
(3) 学会広報委員会から,講演依頼を希望された先生に学校の担当の先生へ連絡をする旨,連絡をします。
(4) 講師からの連絡がありましたら,学校の担当の先生と派遣講師の間で,日時,必要な道具などの連絡を直接行って,事業を進めてください。

☆ 講師派遣の申込先
 日本地球化学会・広報委員会

 講師派遣に関して、謝金は不要です。交通費は原則、依頼元のご負担となります。お問い合わせには、上のメールをクリックし、メールをお送りください。

 一人の講師の派遣は年に一度,として講師登録依頼をしております。派遣希望がある場合には,早めにお問い合わせ・お申し込み下さい。


☆ 派遣講師一覧

<出張可能地域別>
 
日本全国   北海道地区   東北地区   関東地区   北陸地区   東海地区
西日本一円  近畿地区   中国地区   四国地区   九州・沖縄地区


☆ 講師派遣実績 


都道府県 学校名・授業タイトル 会員名 派遣状況
和歌山県 和歌山県立日高高等学校
「温泉から地球内部を探る(ナマズの健康診断)」
永峰康一郎会員 H28.1.26派遣
茨城県 古河市立古河第一小学校
「隕石クレーターをつくってみよう」
丸岡照幸会員 H27.12.8派遣
長崎県 佐世保市立三川内中学校
「地球の中のマグマと水を目で見よう-あたたかい氷をつくろう-」
川本竜彦会員 H27.11.16派遣
兵庫県 西宮市立西宮高等学校
「世界の水事情・日本の水事情 〜水循環から見た水資源の可能性と限界〜」
益田晴恵会員 H27.11.12派遣
栃木県 矢板東高等学校
「碧い海、蒼い空、白い雲 -地球を冷やすには-」
植松光夫会員 H27.10.22派遣
神奈川県 神奈川県立向の岡工業高等学校
「宇宙に生命はいるの?」
小林憲正会員 H27.10.19派遣
熊本県 熊本県立宇土高等学校
「地球の中のマグマと水を目で見よう」
川本竜彦会員 H27.10.16派遣
宮城県 大崎市立清滝小学校
「地震と火山はどこで起こるの?」
平野直人会員 H27.10.1派遣
山梨県 北杜市立甲陵中学校
「物質に圧力をかけて地球や惑星の中身を調べる」
鍵 裕之会員 H27.7.4派遣
東京都 創価高等学校
「隕石クレーターをつくろう! 隕石衝突と地球環境の関わり」
丸岡照幸会員 H27.6.29派遣
東京都 広尾学園中学校・高等学校
「地球に刻まれる縞々(しましま)のひみつ」
丸岡照幸会員 H27.3.21派遣
和歌山県 和歌山県立日高高等学校
「もう一つの二酸化炭素問題:海洋酸性化を太古の海からさぐる」
原田尚美会員 H27.2.9派遣
熊本県 熊本県立宇土中学校・高等学校
「くるくる代わる地球の気候」
横山祐典会員 H27.2.2派遣
茨城県 古河市立古河第一小学校
「海の水はなぜしょっぱいのか」
植松光夫会員 H26.12.10派遣
大阪府 大阪府立枚方高等学校
「石から読み取る地球誕生の物語」
小木曽 哲会員 H26.11.20派遣
青森県 青森市立古川中学校
「海の水はなぜしょっぱいのか」
植松光夫会員 H26.11.13-14派遣

ほか70件(平成28年2月現在)

☆ 会員の皆様へ
 派遣講師への登録をお考えの方はこちら